平成28年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果

3月13日に、厚生労働省が

平成28年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果

を公表しました。

これは、
長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や、
若者の「使い捨て」が疑われる事業場など、労働基準関係法令の違反が
疑われる7,014事業場に対して集中的に実施したもので、その結果、
4,711事業場(全体の67.2%)で労働基準関係法令違反を確認し、
そのうち 2,773事業場(39.5%)で違法な時間外労働が認められました。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000154525.html



スポンサーサイト
プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク