平成18年労働環境調査結果の概況

厚生労働省が「平成18年労働環境調査結果の概況」を公表しました。

この調査は、危険有害業務の状況及び労働環境の変化等の労働者への影響を
把握し、快適な職場環境の形成を含めた今後の労働安全衛生行政運営上の基礎
資料として、労働安全衛生対策の推進に資するために実施したものです。

調査結果についてみると

「快適な職場環境づくりを進める上での問題点」では、

快適な職場環境づくりの取組状況について、「現在取り組んでいる」、「具体的に
計画中」、「具体的な計画には至っていない」を選んだ事業所における快適な職場
環境づくりを進める上での問題点(複数回答)をみると、

「作業強度、難度等の労働の質・内容的改善」に関する項目については

「技術的にむずかしい」とする割合が4割を超えていますが、

「職場の安全衛生面での向上対策」及び「リフレッシュ対策等」に関する項目に
ついては「資金面」や「改善のイメージがつかめず具体化しにくい」の割合が
高くなっています。

詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/anzen/06/index.html

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

厚生労働省

Labour and Welfare)は、日本の中央省庁のひとつ。社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進、並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする。所管業務2001年(平成13年

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク