FC2ブログ

2005年春季労使交渉に関するトップ・マネジメン

日本経団連が23日、

2005年春季労使交渉に関するトップ・マネジメントのアンケート調査結果

を発表しました。
この調査によれば、今後の望ましい賃金決定のあり方について、「定昇を廃止し、成果や業績による賃金決定とすべき」が45.3%で前年の56.9%から減少しています。これに対し、「定昇のみとし、成果や業績は賞与に反映すべき」が30.4%から36.0%へと増加しています。




スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク