FC2ブログ

労働力調査(詳細集計) 2019年(令和元年)平均結果

2月14日に、総務省統計局が
「労働力調査(詳細集計) 2019年(令和元年)平均結果」
を公表しました。


これによると、
2019年平均の役員を除く雇用者数5660万人のうち、正規の職員・
従業員数は3494万人と、前年に比べ18万人増加し、非正規の職員・
従業員数は2165万人と、45万人増加しました。
非正規の職員・従業員について,男女別に現職の雇用形態についた
主な理由をみると、男女共に「自分の都合のよい時間に働きたい
から」が最も多く、男性は前年に比べ16万人増加、女性は11万人
増加しています。


詳細は
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/index.html




スポンサーサイト



毎月勤労統計調査 令和元年分結果速報

2月7日に、厚生労働省が
「毎月勤労統計調査 令和元年分結果速報」
を公表しました。

これによると、
総実労働時間は 139.1 時間(2.2%減)で、7年連続で減少しています。
年換算した時間は 1,669時間で、1,700時間を下回っています。


詳細は

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r01/01cp/01cp.html


動画版「令和元年版 労働経済の分析」

厚生労働省が、動画版「令和元年版 労働経済の分析」(「労働経済白書」)
を初めて作成し、2月3日に公表しました。

この動画版では、白書の第2部「人手不足の下での「働き方」をめぐる課題
について」のポイントや、企業事例を分かりやすく紹介しています。


詳細は
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09252.html



「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和元年10月末現在)

1月31日に、厚生労働省が
「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和元年10月末現在)
を公表しました。

これによると、
外国人労働者数は1,658,804人で、前年同期比198,341人、13.6%の増加
(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)
となっています。


詳細は
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09109.html


一般職業紹介状況(令和元年分)

1月31日に、厚生労働省が

一般職業紹介状況(令和元年分)

を公表しました。


これによると、
令和元年平均の有効求人倍率は1.60倍で、前年に比べて0.01ポイント
低下となっています。


詳細は
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005_00004.html


人口推計

1月20日に、総務省統計局が
「人口推計」(令和元年(2019年)8月確定値、令和2年(2020年)1月概算値)
を公表しました。


2020年(令和2年)1月1日現在(概算値)
<総人口>1億2602万人で、前年同月に比べ減少 ▲30万人 (▲0.23%)

令和元年8月1日現在(確定値)
<総人口>1億2621万9千人で、前年同月に比べ減少   ▲27万7千人 (▲0.22%)

 ・15歳未満人口は 1525万9千人で、前年同月に比べ減少  ▲20万4千人 (▲1.32%)
 ・15~64歳人口は 7513万1千人で、前年同月に比べ減少  ▲39万4千人   (▲0.52%)
 ・65歳以上人口は 3582万9千人で、前年同月に比べ増加    32万人    ( 0.90%)
<日本人人口> 1億2388万人で、前年同月に比べ減少        ▲47万3千人   (▲0.38%)


なお、令和2年1月1日現在(概算値)による総人口に占める65歳以上人口の割合
(高齢化率)は28.5%となっています。


詳細は

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202001.pdf


令和2年度における国民年金保険料の前納額について

1月24日に、厚生労働省が

令和2年度における国民年金保険料の前納額について

を公表しました。


これによると
1年前納 の場合の保険料額 (令和2年4月~ 令和3年3月分 の保険料が対象)
・口座振替の場合:194,320円(毎月納める場合より 4,160円の割引)
・現金納付の場合:194,960円(毎月納める場合より3,520円の割引)
となっています。


詳細は
https://www.mhlw.go.jp/content/12512000/000588188.pdf

労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)平均(速報)結果

1月31日に、総務省統計局が

労働力調査(基本集計) 2019年(令和元年)平均(速報)結果

を公表しました。
これによると、
●完全失業率は2.4%と、前年と同率。完全失業者数は162万人と4万人減少
●就業者数は6724万人と、前年に比べ60万人増加
●就業率は60.6%と、前年に比べ0.6ポイント上昇
●正規の職員・従業員数は3503万人と、前年に比べ18万人増加。
 非正規の職員・従業員数は2165万人と45万人増加
●非労働力人口は4197万人と、前年に比べ66万人減少
となっています。


詳細は
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/index.html

プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク