一般職業紹介状況(平成27年分)

1月29日に、厚生労働省が

一般職業紹介状況(平成27年分)

を公表しました。

これによると、

平成27年平均の有効求人倍率は1.20倍で、
前年に比べて0.11ポイント上昇

となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000110117.html



スポンサーサイト

労働力調査(基本集計) 平成27年(2015年)平均(速報)結果

29日に、総務省が

「労働力調査(基本集計)平成27年(2015年)平均(速報)結果」

を公表しました。


これによると、

● 完全失業率は3.4%と、前年に比べ0.2ポイント低下
● 完全失業者は222万人と、14万人減少
● 就業者は6376万人と、前年に比べ25万人増加
● 就業率は57.6%と、前年に比べ0.3ポイント上昇
● 正規の職員・従業員は3313万人と、前年に比べ26万人増加
● 非正規の職員・従業員は1980万人と、18万人増加
● 非労働力人口は4473万人と、前年に比べ16万人減少

となっています。

詳細は

http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/index.htm





平成27年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」

1月20日に、厚生労働省が

平成27年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」(平成27年12月1日現在)

を公表しました。

これによると、就職内定率は、

○ 大学:80.4%(前年同期比 0.1ポイントの増)
○ 短期大学(女子学生のみ):68.0%(前年同期比 7.1ポイントの増)
○ 高等専門学校(男子学生のみ):96.4%(前年同期比 0.5ポイントの減)
○ 専修学校(専門課程):65.8%(前年同期比1.7ポイントの増)

となっています。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109235.html






平成27 年における労働災害発生状況

1月15日に、厚生労働省が

「平成27年における労働災害発生状況について」(1月速報)

を公表しました。

これによると、

死傷者数10万4,611人(前年比△2,063人、1.9%減)
死亡者数885人(前年比△84人、8.7%減)
重大災害250件(前年比△4件、1.6%減)

となっています。

詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/rousai-hassei/index.html






平成27年 民間主要企業年末一時金妥結状況

1月19日に、厚生労働省が

平成27年 民間主要企業年末一時金妥結状況

を公表しました。


これによると、

平均妥結額は、前年に比べ29,796円(3.72%)増の
830,434円で、平成20年以来の高い水準となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109526.html



2014年度福利厚生費調査結果の概要

12月に、日本経済団体連合会が

2014年度福利厚生費調査結果の概要

を公表しました。

これによると、

2014年度に企業が負担した福利厚生費(従業員1人1カ月当たり)は、
108,389円(前年度比2.0%増)となり、過去最高額となっています。


詳細は

http://www.keidanren.or.jp/policy/2015/121.pdf



平成27年(2015)人口動態統計の年間推計

1月1日に、厚生労働省が

平成27年(2015)人口動態統計の年間推計

を公表しました。

これによると、
平成27年の出生数は、100万8,000人と推計されています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei15/index.html







平成26年国民年金被保険者実態調査結果の概要

12月25日に、厚生労働省が

平成26年国民年金被保険者実態調査結果の概要

を公表しました。

これによると、

国民年金第1号被保険者の保険料納付状況は、
納付者が47.0%(前回(平成23年調査)48.6%、1.6ポイント減)、
1号期間滞納者が23.1%(前回26.2%、3.1ポイント減)、
申請全額免除者が15.7%(前回13.2%、2.5ポイント増)、
学生納付特例者が11.3%(前回9.9%、1.4ポイント増)、
若年者納付猶予者が2.9%(前回2.2%、0.7ポイント増)

となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107341.html



平成25年公的年金加入状況等調査について

12月25日に、厚生労働省が

平成25年公的年金加入状況等調査について

を公表しました。


これによると、

平成25年10月末現在における20~59歳人口に占める第1号被保険者の
割合は28.1%、第2号被保険者の割合は56.2%、第3号被保険者の
割合は14.9%、非加入者の割合は0.8%(うち第1号未加入者は0.3%)
となっていて、

平成22年調査と比較すると、20~59歳の第1号被保険者数や第3号
被保険者数は減少(それぞれ1,907万人→1,788万人、1,009万人→
949万人)、第2号被保険者数は増加(3,541万人→3,580万人)、
非加入者数は減少しています(89.9万人→54.1万人)。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000107582.html



プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク