平成26年度「過労死等の労災補償状況」

6月25日に、厚生労働省が

平成26年度「過労死等の労災補償状況」

を公表しました。

これによると、

精神障害の労災請求件数:1,456件
支給決定件数:497件

と、ともに過去最多となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089447.html



スポンサーサイト

平成26年度雇用均等基本調査(速報)

6月25日に、厚生労働省が

平成26年度雇用均等基本調査(速報)

を公表しました。

これによると、
育児休業取得者の割合は、
女性:86.6% (対前年度比3.6 ポイント上昇)
男性:2.30% (対前年度比0.27 ポイント上昇)
と男女とも前年に比べて上昇しています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-26-07.pdf

平成26年度コース別雇用管理制度の実施・指導状況<速報版>

6月23日に、厚生労働省が

平成26年度コース別雇用管理制度の実施・指導状況<速報版>

を公表しました。


これによると、

総合職採用者に占める女性割合は22.2%、
一般職に占める女性割合は82.1%

となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000089473.html



平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況

6月12日に、厚生労働省が

平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況

を公表しました。

これによると、

総合労働相談は7年連続100万件を超え、
その内容は「いじめ・嫌がらせ」が3年連続トップ

となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000088625.html



出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業

6月9日に、厚生労働省が

「出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業
(平成26年度厚生労働省委託調査)」

の結果を公表しました。

これによると、

出産・育児等を機に離職した理由は、
「家事・育児に専念するため、自発的にやめた」が4~6割で最も多く、
次いで「勤務時間が長い(残業など)・不規則など、時間的に両立が
難しかった」や、「配偶者・パートナーの勤務地の問題や転勤で、仕事
を続けるのが難しかった」
があげられています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/h26_itakuchousa.html

打切補償を支払っての解雇に関する最高裁判決

6月8日に、打切補償を支払っての解雇に関する最高裁判所の判決
がありました。

この判決の要旨は、

労働者災害補償保険法に基づく療養補償給付を受ける労働者が、
療養開始後3年を経過しても疾病等が治らない場合には、
使用者は、当該労働者につき、労働基準法81条の打切補償を
支払って、解雇制限の除外事由を定める同法19条1項ただし書
の適用を受けることができる

というものです。


詳細は

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85148



平成26 年人口動態統計月報年計(概数)の結果

6月5日に、厚生労働省が

平成26 年人口動態統計月報年計(概数)の結果

を公表しました。


これによると、

● 出生数は、1,003,532 人で過去最少
● 合計特殊出生率は、1.42 で低下

となっています。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/index.html



平成25年度 介護保険事業状況報告(年報)

6月5日に、厚生労働省が

平成25年度 介護保険事業状況報告(年報)

を公表しました。


これによると、

第1号被保険者数は、平成25年度末現在で3,202万人と
前年に比べて108万人(3.5%)増

要介護(要支援)認定者数は、平成25年度末現在で584万人、
うち、第1号被保険者は569万人、第2号被保険者は15万人で、
前年度末現在に比べ、第1号被保険者は23万人(4.3%)増、
第2号被保険者は0.7万人(4.6%)減

となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/jigyo/13/index.html





6月は「第30 回男女雇用機会均等月間」

厚生労働省が

6月は「第30 回男女雇用機会均等月間」であることを
周知するとともに、
マタニティーハラスメント(マタハラ)問題で、是正指導や
勧告に従わない悪質企業の企業名公表など指導を徹底する方針
を決めました。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11902000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Koyoukintouseisakuka/0000087679.pdf



また、
「妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取扱いに係るQ&A」が
更新されました。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/070330-1.pdf

プロフィール
  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク