「平成21年度雇用保険事業年報」

厚生労働省が

「平成21年度雇用保険事業年報」

を発表しました。


これによると、

一般求職者給付は、
受給資格決定件数が2,265千人(年度計)で対前年度比3.0%の増、
給付額は14,786億円で同59.9%増

となっています。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken02/index.html



スポンサーサイト

平成21年簡易生命表の概況について

厚生労働省が

平成21年簡易生命表の結果を、とりまとめ、公表しました。


これによると、

男の平均寿命は79.59年
女の平均寿命は86.44年

と、いずれも過去最高となっています。


詳細は 


http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life09/index.html







社会保険事業状況(平成22年3月現在)

厚生労働省が

「社会保険事業状況(平成22年3月現在)」

を発表しました。


これによると、


平成22年3月末現在の国民年金の被保険者数は、

第1号被保険者が1,951万人(対前年同月比15万人、0.8%減)、
任意加入被保険者が34万人、
第2号被保険者(厚生年金保険のみ)が3,425万人、
第3号被保険者が1,021万人(対前年同月比23万人、2.2%減)

で、これらを合計すると6,431万人となっています。

共済組合(旧共済分を除く。以下同じ。)の加入者数は、
平成21年3月末現在で447万人となっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/toukei/geppou/ge2203/nenkin.pdf

「平成21年度雇用均等基本調査」結果概要

厚生労働省が

「平成21年度雇用均等基本調査」結果概要

を発表しました。


これによると、

女性の育児休業取得率は平成20年度調査より5.0%ポイント低下し85.6%、
男性の育児休業取得率は0.49%ポイント上昇し1.72%と過去最高となっています。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000civ3.html




平成21年度労災保険事業の保険給付等支払状況について

厚生労働省が、

平成21年度労災保険事業の保険給付等支払状況

についてとりまとめ、公表しました。

これによると

保険給付の支払件数は、5,289,791件

保険給付の支払額は、749,647,694,459円

となっています。



詳細は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000007f3d.html


平成21年度全国健康保険協会決算(案)

昨日、全国健康保険協会が

平成21年度全国健康保険協会決算(案)

を発表しました。

これによると、

健康保険事業に関して、医療分と介護分を合わせて、
単年度収支は約4,800億円の赤字(医療分約4,600億円、介護分約200億円)
準備金残高は約3,500億円の赤字(医療分約3,300億円、介護分約200億円)

となっています。


詳細は 

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.47793.html




平成21年度職業紹介事業報告の集計結果

厚生労働省が

平成21年度職業紹介事業報告の集計結果(速報版)を発表しました。


これによると

新規求職申込件数・・・ 約298万件(対前年度確報値比 3.0%減)

求人数(常用求人)・・・ 約148万人(対前年度確報値比 61.6%減)

となっています。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000bqvu-img/2r9852000000bqxb.pdf


勤労者財産形成促進制度(財形制度)の実施状況

先週、厚生労働省が

勤労者財産形成促進制度(財形制度)の実施状況

について、発表しました。


これによると、

・財形貯蓄の契約件数は971万件(平成21年度末 対前年度末比97.0%)
・財形貯蓄の残高は16兆7,292億円(平成21年度末 対前年度末比98.7%)


となっています。


詳細

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000007bbd.html





平成22年度社会保険労務士試験について

今年も過去最高を更新しました!


昨日、試験センター↓が
  http://www.sharosi-siken.or.jp/


今年の試験の受験申込者数を発表しましたが・・・・
その数、約70,700人です!



昨年、過去最高を記録しましたが、さらに増えました!

昨年の受験申込者数は、67,745人でした。




受験者数が増えると、合格競争がより厳しくなる
なんて思ってしまう方、いるのではないでしょうか?


考えようです。


受験率が昨年と同程度なら
55,000人くらい受験するってことになるでしょう。

で、合格率が、昨年と同じ7.6%なら、
合格者数は4,200人近くになります。


ということは、
昨年より、合格できる人の人数が増えることになります。


昨年の合格者数は、4,019人です。


4,020番目だった人は、
涙を飲んだわけですが・・・・・


今年なら、合格ってことになる可能性が大です!


とにかく、
合格者の中に入れば、いいのですから・・・・・


1番を目指す必要はありませんからね。


この中に入れるよう、試験まで、頑張りましょう。


プロフィール
  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク