コース別雇用管理制度の実施・指導等状況

厚生労働省が「コース別雇用管理制度の実施・指導等状況」を発表しました。

これによると、

・総合職採用予定者に占める女性割合・・・16.9%

・総合職に占める女性割合・・・6.0%

・総合職と一般職間で転換制度がある企業のうち双方向への転換制度がある企業
 の割合・・・77.0%

となっています。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1224-1.html


スポンサーサイト

労働者派遣事業の平成19年度事業報告

厚生労働省が

「労働者派遣事業の平成19年度事業報告の集計結果について」

を発表しました。

これによると、派遣労働者が384万人に増加しています。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1226-3.html


平成20年賃金引上げ等の実態に関する調査結果の概況

厚生労働省が
「平成20年賃金引上げ等の実態に関する調査結果の概況」を発表しました。

これによれば、
賃金の改定を実施又は予定していて額も決定している企業について、賃金の改定
の決定に当たり最も重視した要素をみると、
「企業業績」が66.2%(前年70.6%)と最も多く、
次いで「労働力の確保・定着」が9.4%(同 9.2%)
となっています。


詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/jittai/08/index.html

社会保障給付費

厚生労働省が「平成18年度社会保障給付費の概要など」を発表しました。

これによると

平成18年度の社会保障給付費は89兆1,098億円であり、
対前年度増加額は1兆3,270億円、伸び率は1.5%で、調査開始以来最も低かった
平成15年度(0.8%)、二番目に低かった昭和30年度(1.4%)に次ぐ低さで
あったとのことです。

社会保障給付費の対国民所得比は、平成17年度を0.07%下回る、23.87%となって
おり、また、国民1人当たりの社会保障給付費は69万7,400円で、対前年度伸び率
は1.5%でした。

そのほか詳細は

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/124-1a.html

地域別最低賃金の履行確保に係る監督指導結果

厚生労働省が

「地域別最低賃金の履行確保に係る監督指導結果」を発表しました。

これによると、
地域別最低賃金額以上の賃金を支払っていない違反の概要は、次のとおりです。

・違反事業場数1,234事業場

・違反率6.6%

・地域別最低賃金額未満の労働者数3,777人

・地域別最低賃金額未満の労働者数の割合1.3%


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1218-2.html

平成20年労働組合基礎調査結果の概況

厚生労働省が「平成20年労働組合基礎調査結果の概況」を発表しました。

これによると、


① 労働組合員数について
平成20年6月30日現在の労働組合員数は1,006万5千人で、前年より1万5千人減少
(前年比0.1%減)となっています。


② 推定組織率について
推定組織率(雇用者数に占める労働組合員数の割合)は18.1%で、前年と横ばい
となっっています。


③ パートタイム労働者の労働組合員数等について
パートタイム労働者の労働組合員数は61万6千人で、前年より2万8千人増加(前年比
4.7%増)となり、推定組織率は5.0%で、前年より0.2ポイント上昇しています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/roushi/kiso/08/index.html

平成20年民間主要企業夏季一時金妥結状況について

厚生労働省が「平成20年民間主要企業夏季一時金妥結状況について」を
発表しました。

これによると、
本年の妥結額は842,270円、対前年比は0.29%減となり、平成14年以来の
対前年比マイナスとなっています。


詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1212-1.html

一部上場企業本社における外国人社員の活用実態に関するアンケート調査

厚生労働省が
「一部上場企業本社における外国人社員の活用実態に関するアンケート調査」
の結果を公表しました。

これによると、

本社における外国人社員の活用状況については、約半数の企業が活用している
一方、4割弱の企業は活用したことがないと回答しています。

また、1社平均でみると外国人社員の比率は、0.26%となっています。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/h1208-1.html

年金積立金の運用実績

厚生労働省が「平成19年度の年金積立金の運用実績」を発表しました。

これによると、
平成19年度の運用実績については、サブプライムローン問題を契機とした
株式市場の動揺により、内外株価が大幅に下落したことから、-5兆1,777億円
(厚生年金-4兆8,705億円、国民年金-3,073億円)の損失額となっています。

なお、市場での自主運用を開始した平成13年度からの累積収益は約23兆円の
プラスを維持しているとのことです。


詳細は 

http://www-bm.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/tsumitate/kekka/index.html



プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク