厚生年金の標準的な年金額(夫婦二人の基礎年金額を含む)の見通し

社会保障審議会年金部会において
「厚生年金の標準的な年金額(夫婦二人の基礎年金額を含む)の見通し」等を
発表しました。

これによると、
最近の経済動向を踏まえた所得代替率の見通しを49.4%~54.2%としています。

詳細は
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/04/tp0427-9.html

スポンサーサイト

平成19年度労働保険年度更新

厚生労働省が、昨日、平成19年度労働保険年度更新手続の開始及び
申告・納付期限の変更(延長)についてを公表しました。

これによれば、
平成19年度の年度更新申告書の提出及び労働保険料・一般拠出金の納付の
期限については、平成19年6月11日(月)まで延長されます。

詳細は

http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/03/tp0323-1.html

平成18年版 働く女性の実情

厚生労働省が20日「平成18年版 働く女性の実情」を公表しました。

これによれば、
① 女性の労働力人口は3年連続で増加し、労働力率は48.5%と2年連続で
上昇(前年差0.1%ポイント上昇)。
② M字型カーブの底にあたる30~34歳層の労働力率の上昇傾向は続き、
前年と比べ0.1%ポイント上昇の62.8%
となっております。

ちなみに、次のような記載もあります。

過去1年間に自営業主・内職者に就業した者(以下、「新規開業者」という)が、
過去1年以内に新たに就業した者(総数)に占める割合は、男性4.9%、女性3.0%となっている。
また、総務省統計局「就業構造基本調査」(平成14年)により、自営業主(内職者
を含む)に占める新規開業者の割合について、昭和57年からの推移をみると、女性
は男性より一貫して高くなっている。

詳細は 
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/04/h0420-2.html

ゴールデンウィーク期間中における連続休暇

厚生労働省が発表した
平成19年ゴールデンウィーク期間中における連続休暇の実施予定状況調査結果
によれば、

平均連続休暇日数は7.2日
最も長い連続休暇は11日

となっています。

これだけの休暇、社労士受験生の方であれば、有効活用してほしいですね。

調査結果の詳細は

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/04/h0412-1.html

高年齢者の継続雇用の実態に関する調査

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の公表したアンケート調査の
結果によれば

60 歳以降の雇用確保措置の状況をみると、
「再雇用制度」を導入している企業が9割(91.3%)と圧倒的に多くなっています。

また、継続雇用制度の対象者は、
「原則として希望者全員」とする企業が24.6%で、
対象者の基準を設定している企業が72.2%となっています。

詳細は

http://www.jil.go.jp/press/documents/20070402.pdf
プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク