平成28年社会生活基本調査の結果

総務省統計局が

平成28年社会生活基本調査の結果

を公表しました。

これによると、

「学習・自己啓発・訓練」について、過去1年間(平成27年10月20日~
28年10月19日)に何らかの種類の活動を行った人(10歳以上)の数は
4183万2千人で、10歳以上人口に占める割合(行動者率)は36.9%と
なっています。
男女別にみると、男性が2012万7千人、女性が2170万4千人となっており、
行動者率は男性が36.5%、女性が37.4%で、女性が男性より0.9 ポイント
高くなっています。


詳細は

http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/kekka.htm



スポンサーサイト

平成29年版高齢社会白書

6月16日に、政府が、
平成29年版「高齢社会白書」を閣議決定しました。

この平成29年版高齢社会白書によれば、

従業員31人以上の企業約15万社のうち、希望者全員が65歳以上まで
働ける企業の割合は74.1%(113,434 社)となっており、また、
独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によれば、調査対象と
なった継続雇用制度を持っている企業に、継続雇用者の雇用形態に
ついて尋ねたところ、68.7%の企業が「自社の正社員以外( 嘱託・
契約社員・パート等)」、45.8%の企業が「自社の正社員」の雇用
形態を取っているという結果だった

としています。


詳細は

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html



2017年版「子供・若者白書」

6月13日に、
2017年版「子供・若者白書」が閣議決定されました。


この白書によると、
「15~39歳の若年無業者の数は、平成28(2016)年で約77万人。
ここ数年、数は減少していたが、平成28年は前年増となっており、
15~39歳人口に占める2.3%が無業者である」
としています。


詳細は 

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html



65歳以上人口の割合

4月14日に、総務省統計局が

平成28年10月1日現在の「人口推計」を公表しました。

これによると、
65歳以上人口は3459万1千人で、前年に比べ72万3千人の増加となり、
割合は27.3%と初めて27%を超え、過去最高となっています。


詳細は 

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2016np/index.htm



日本の将来推計人口(平成29年推計)


国立社会保障・人口問題研究所が、
平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、
これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、
平成29(2017)年4月10日にその結果を公表しました。

これによると

● 総人口は、平成27(2015)年国勢調査による1億2709万人から
 平成77(2065)年には8,808万人と推計
● 老年人口割合(高齢化率)は、平成27(2015)年の26.6%から
 平成77(2065)年には38.4%へと上昇

となっています。



詳細は

http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp_zenkoku2017.asp

平成27年国勢調査 人口等基本集計結果

10月26日に、総務省統計局が

「平成27年国勢調査 人口等基本集計結果」

を公表しました。

これによると、
平成27年国勢調査による10月1日現在の我が国の人口は
1億2709万5千人。
平成22年と比べると、人口は96万3千人の減少となり、
大正9年の調査開始以来、初めての減少となっています。


詳細は

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/index.htm

PSI(ポケット統計情報)2017

総務省統計局が

我が国の人口、経済、社会等の水準・構造等に関する
基本的な統計データをコンパクトに編集した
「PSI(ポケット統計情報)2017」
を公表しました

http://www.stat.go.jp/data/psi/3.htm



プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク