適格退職年金に関するアンケート結果

厚生労働省が「適格退職年金に関するアンケート」を実施し、
その結果を発表しました。


この結果によれば、

適格退職年金実施企業は規模の小さい企業が多く、

適格退職年金以外に導入している制度は、
適格退職年金以外なしが47%と半分を占めています。

また、厚生年金基金21%、中小企業退職金共済17%と昔からある制度との
併用が目立ち、新しい制度である確定給付企業年金や確定拠出年金との併用は
少ない状況です。


その他、詳細は 

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/tekikaku_c.html


スポンサーサイト

企業年金制度の施行状況の検証結果

厚生労働省が企業年金研究会においてとりまとめられた
「企業年金制度の施行状況の検証結果」を公表しました。


これによれば、
企業型確定拠出年金について、厚生年金基金など他の企業年金制度では
個人拠出を認めていることや、若い世代の老後の所得確保などの観点から、
「個人拠出を認める考え方に立って、具体的なあり方について検討すべき」
だと提言しています。

ちなみに、この検証結果には「企業年金制度の制定の経緯」などの記載も
あるので、興味のある方は 

http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/07/tp0713-1.html
プロフィール

K-Net社労士受験ゼミ

  • Author:K-Net社労士受験ゼミ
  • ニュース掲示板のご利用ありがとうございます。
    他のページもご利用頂ければ幸いです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク